top of page

「おもいをつたえるプログラム」を彩る楽曲様その2

更新日:2023年2月4日




制作のGigabitです。


「おもいをつたえるプログラム」で使ってるBGMは、僕自身普段から何度も聞いてしまうとても大好きな良曲たちで、みんなに知ってほしいなーという記事の第2弾です。


↓「おもつた」の楽曲紹介その1はこちら


前回はプロローグ、チュートリアル編でした。

今回はステージ1「異世界バトル編」での使用楽曲たち!


ステージ1からはPeriTuneさんの楽曲をガンガン使わせて頂いてます。

「おもつた」制作初期に楽曲あれこれ探している時に、編集のちぁなさんが持ち込んできたのがPeriTuneさんのケルト風の曲シリーズ。

ヨーロッパ民族調、とでもいうのでしょうか。

僕はそれまで「ケルト風音楽」というジャンル自体知らなかったのですがPeriTuneさんの楽曲聞いてすごいこのジャンル好きになってしまいました。




では「おもつた」のお話を強力に盛り上げてくださっているBGMさんたちを紹介します!とっても良い曲ばかりですのでぜひ聴いてください♪



 優しいケルト曲「Soft_Day2」 

「さあマスター、ミッションにしゅっぱつします!」

ピアちゃんがゲームの世界へ誘う出発の朝のテーマ。

曲の説明は「優しいケルト曲、ヒーリング、フォーク、ケルト」。 僕は何かこれからとっても楽しいことが待っているような、そんな朝のイメージを感じてこのシーンで使用させて頂きました。

ここでピアちゃんの必殺技「おでこ」が繰り出されてRPG世界へとワープするわけでとってもこのシーンにぴったりだなと感じてます。

 おだやかなケルト曲「Poema2」 

「マスター!ぶじに来れましたね!」

やってきたRPG世界、アリス衣装を身にまとったピアちゃんが迎えるシーン。

曲の説明は「おだやかなケルト曲、穏やか、ヒーリング、ケルト」。

神様の使いの女の子と一緒にやってきたとても鮮やかな異世界。どんな楽しいことがあるのでしょうか。そんな始まりを感じさせる穏やかな曲です。

ヒーリングで穏やか、かつ元気を感じる曲調で、朝とかによく聞いています。




 草原を駆け抜ける戦闘曲「Prairie5」 

「マスター!さっそくあそこにモンスターが!」

RPG世界の道を歩いていくと、突然現れるボス級モンスター!

というわけで戦闘曲です!

曲の説明は「ケルト、民族音楽、疾走感、バトル、かっこいい」など。

めっちゃテンション上がって大好きです。この曲。

これまでの始まりの穏やかな曲からシーンを一気に切り替えてくれる、音楽の力は偉大です。




 切ないメロディアスな戦闘曲「BattleField4」 

「お・・・おらが・・・!」

贅沢にも村人さんが使ってしまうこの超かっこいい神曲。

曲の説明は「疾走感、切ない、ハードロック、激しい、壮大、ボスバトル」等。

「切なくメロディアスなバトルBGM」としてのリクエスト品とのこと。

途中から切り替わる曲調めっちゃかっこいいのでフルで聞きたい曲ですが、村人さんのシーンだと最初のパートだけしか聞けないところがもったいない使い方をしていますが曲の入りがカッコ良すぎて使ってしまいました。

「おもつた」、ボス出てこないんですよね・・・フルで聞けるシーン欲しい・・・

村人さんの選択肢に入ってこの曲じっくり聞いてることあります。




 物語を盛り上げるケルト&オーケストラ曲「Seanchas」

「まず、自分の中の想いをしっかりとらえます。」

ピアちゃんが宙クンに想いのとらえ方、扱い方をレクチャーするシーンの曲。最高にエモすぎる曲。

曲の説明は「エピック、ケルト、オーケストラ、かっこいい、シネマティック」等。

劇的な曲ですよね。壮大かつ、切なくて、力強い。エモいよ・・・

この曲を最初聞いてめっちゃ一目(目?)惚れして、物語の中の大事な1シーンで、この曲だ!!と使用させて頂きました。ピアちゃん・・・!



 軽快で楽しいケルト曲「Harvest5」

「マスター!おみごと!とーーーってもかっこよかったですーー!!」

見事モンスターをやっつけたヴィクトリーシーンを彩る爽快な1曲。

曲の説明は「ファンタジー、ポップ、収穫、牧場、喧噪」等。

とっても楽しくなる曲ですよね!「収穫」の意味が籠められてるだけあっての充実感、爽快感。何かをやり遂げた後!っていうイメージがあって、戦闘勝利曲にこんなぴったりな曲が他にあるでしょうか、っていう名曲です。元気でますね!



以上、「おもつた」ステージ1「異世界バトル編」を彩る楽曲さんたちの紹介でした。

ごりごりにPeriTuneさんのケルト曲使わせて頂いています。

全曲大好きな曲たちですね!よく聞いてます。

こんな短編作品に何曲使うんだ・・・っていうぐらいの勢いで楽曲数使っていますが、それぞれのシーンにぴったりなお気に入りの曲を考えていったらこうなりました。

今のところ制作ゲームは「おもつた」1作品しかなく、もう何も出し惜しみせず当時のすべてを注ぎ込んで作りました!


とっても素敵なケルトミュージックさんたち、皆さんもぜひ聴いて下さい♪

では次はまたこんど、ステージ2「聞き込み調査編」へ続きます!


次記事



閲覧数:41回0件のコメント
bottom of page